診療案内

デンタルクリン
PLANMECA ProMax
G-CAM
GC TiON

審美歯科

審美歯科とはバランスのとれた口元と歯をいかに自然に見せていくかということ、つまり口元や歯を考えた総合的な歯科治療です。審美的に歯を美しくしていく上で様々な手法があります。
セラミック・ラミネートベニア

ラミネートベニア法は、セラミック製のつけ歯で歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せる方法です。

歯の表面を薄く削った後、患者さんがお望みの形と色のセラミックシェル(特殊な人工歯質材料を用いて作ったもの)をつけ爪のように接着します。少しの量を削るだけでよいので、歯への負担が軽く優しい治療法です。

安全で、耐久性があり、しかも美しく自然な感じに仕上がりますので歯を美しくする審美歯科の主流を占めています。

セラミックイメージ1

オールセラミックスクラウン

オールセラミッククラウンとは、人工歯質の材料「セラミック」だけを使用して歯を修復する治療です。適度に強度のあるセラミックは、天然歯と変わらない美しい透明感があるので、周りの色との違和感はありません。

セラミックイメージ2

セラミックインレー

虫歯になる前は、皆さん天然の白い歯をお持ちだったはずです。当医院では自然美を追求し、メタルフリーを提唱しています。金属の詰め物をセラミックに変えるだけで笑顔の印象が変わり、若返ります。金属アレルギーの心配もありません。若い方だけでなく「天然の歯をもう一度取り戻したい」と願う大人の女性にも支持されている治療法です。

セラミックイメージ3

審美治療とは

セラミックは体に優しい優れた歯科材料です。1本,2本の歯の形と色調をそろえるだけで素敵な笑顔を取りもどすこともできます。
つねに審美性を高めるために前歯の位置(正中線、左右対称)、スマイルライン、適切な歯の長さ(形態)、歯肉レベル(連続性)、機能的なかみ合わせなど、審美歯科は、美しさと自然な口元に焦点を当てた、総合的な歯科治療です。虫歯の治療や、過去の治療物が使用できなくなった場合などには、セラミックで治療することが理想的です。

セラミックの特徴と、治療材料の選び方

歯の一部を白く補いたい場合には、セラミックの他に、レジン(歯科用強化プラスチック)という材料があります。 レジンも悪い材料ではありませんが、表面材料の劣化の問題があります。時間の経過につれ、徐々に黄ばんできてしまうことと、劣化した材料と歯の隙間から、虫歯の再発が起こりやすいことや材料の光沢が失われ材料自体の劣化が時間とともに認められます。

金属、レジン、セラミック、それぞれの歯科材料の特性を理解し、お口の状態等によって、適した治療を選択されることをおすすめ致します。


注)ケースによってはセラミックにて回復する事が難しい場合があります。