診療案内

デンタルクリン
PLANMECA ProMax
G-CAM
GC TiON

一般歯科 <虫歯の治療>

虫歯や歯周病、知覚過敏などの治療や予防、また、さし歯や入れ歯などの補綴治療を行います。
補綴治療

被せて治す人工の歯(クラウン)や、入れ歯(義歯)などのことを補綴物と言います。 補綴治療とは、虫歯・歯周病・事故などで失ったり欠けたりした歯に対し、これら補綴物を使用して人工的に修復させ、噛み合わせの機能、見た目の美しさの回復を行なう治療です。材料の質により、保険の範囲で行える治療と、自費診療による治療があります。

クラウンイメージ

歯周病治療

歯周病とは、歯の周りの組織が破壊されて、歯ぐきから膿が漏れる状態に陥る病気のことで、俗に歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれています。 歯周病は、歯に付着した歯垢(プラーク)中の細菌が感染発症する感染症です。

歯ブラシとコップ

歯周病の進行について

歯周病とは、そのまま放置しておくと歯を失ってしまう恐ろしい病気です。

日本人の約8割が感染していると言われています。口腔環境の悪化から肺炎や糖尿病など、全身への悪影響を及ぼします。

歯周病は、歯周組織(歯を支える歯肉や骨)に炎症が起こる病気です。お口の中が不衛生だと、歯と歯ぐきの間にプラーク(歯垢)がたまり細菌の繁殖により、バイオフィルムと呼ばれる膜を形成します。自覚症状はほとんどありません。 さらに進行すると歯ぐきの腫れや出血が起こるようになります。歯を支える歯槽骨が破壊され始めるといよいよ末期症状となり、最終的には、破壊された歯槽骨は歯を支えることができなくなり、歯を失ってしまうことになります。

当クリニックでは、歯周病と予防にかかせないプロケアとホームケアを丁寧にご説明します。

歯周病の予防について

歯周病はサイレントディジーズといわれ、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。自覚症状が出始める中等度以上に進行してしまうと治療期間もかかり歯ぐきや歯を支えている骨を元の状態には戻すことは難しくなってしまいます。

歯周病の予防には、毎日のセルフメンテナンスと定期的な歯科医院でのプロケア(PMTCなど)が必要です。3ヶ月~半年に一回以上は歯科医院でチェックを受け、必要ならば早めに治療されることをお勧めいたします。

PMTCについてはこちら

MI治療

デンタルケア藤沢歯科では、「できるだけ歯を削らない・神経を取らない・ 歯を保存する」というコンセプトに基づいて治療を行うよう努力しています。

MIとは、 Minimum Intervention(ミニマム インターベーション) の略で、最小の侵襲により最大の効果を得ようとの目的で考えられた、 人にやさしい治療法です。

虫歯治療に関しては、詰め物が外れないようにするため虫歯以外の部分まで大幅に削っていました。 その結果、その部分が再び虫歯になるとさらに削り、やがては神経を取ることになり、ついには歯を 抜かざるをえないという悲しい結末を招きがちでした。そこで、今ある歯をできるだけ削らず保存しよう、 生まれ持った歯を残して歯の寿命を長くしようという思想から登場したのがMI治療です。

MI治療では基本的に虫歯の部分だけを削り、空いた穴は「コンポジットレジン」という材料で埋めます。 コンポジットレジンは歯と同系色のプラスチックで、歯に取り付けて一体化できる優れた素材です。

最小の侵襲により、最大の効果を得ることを目的とし、患者様にとって「やさしい」治療をしようという考えです。虫歯治療で詰め物をする場合、虫歯以外の所も、多く削ってしまい、再度その箇所が虫歯になると、さらに歯を削って治療することになり、虫歯以外の箇所にも非常に大きなダメージを与えてしまったり、神経を取ってしまうようなことがあります。MIは、今ある歯をなるべくけずらずに保存し治療をすることを目的としています。

MI治療は、今までより虫歯の削る量を大幅に減らし、少ない治療回数ですむため 経済的メリットもあり、見た目も美しいものです。ただし、 重症化した虫歯に、MI治療は適用できません。 そのため、虫歯予防に努めて積極的に定期検診を受け、虫歯を「早期発見」できるように心がける ことが大切です。