診療案内

デンタルクリン
PLANMECA ProMax
G-CAM
GC TiON

矯正歯科

矯正歯科イメージ

矯正治療と聞くと単に歯並びだけを改善する治療とお考えではないでしょうか。

矯正治療をして歯並びをよくすることによって歯に歯垢や歯石がたまりにくくなります。その結果、口腔内の環境を、虫歯や歯肉炎、歯周病になりにくいものにします。

また、口臭や顔のゆがみ、発音の明瞭化などの改善にもつながります。 さらに、成長期に悪い歯並びを放置しておくと、顎の成長が悪い方向に進み、発育不足、食べる時の効率が悪くなるなどがあげられますが、そうした要因を取り除くことにもなるのです。

小児矯正

乳歯が生え始めてから10数年かけて永久歯の咬合が完成します。 この間に噛み合わせに不正が生じた場合通常二期にわけた矯正治療を行います。

初期治療は3歳から12歳頃までの永久歯咬合完成前に良好な咬みあわせができるように 誘導する咬合育成の治療です。この時期、旺盛な成長発育があるので比較的単純な装置で歯の位置や顎骨の位置改善をおこないます。

二期治療は永久歯咬合がほぼ完成し大きな成長発育時期が過ぎてから固定装置を用いて矯正します。 早期に行った場合、初期治療で終わる場合や二期治療の期間が短縮できる場合もあるので 相談下さい。