診療案内

デンタルクリン
PLANMECA ProMax
G-CAM
GC TiON

歯科口腔外科 <抜歯、感染症手術など>

親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷の治療など、顎口腔領域の外科処置を中心とした疾病全般を扱います。当クリニックでは、口腔内の炎症や外傷などの急激な腫れ、痛みに対する救急処置も対応しています。
埋伏智歯(親知らず)抜歯

いわゆる埋まった歯のことです。現代人は顎が小さくなってきているため、親知らずなどが真っ直ぐに生えずに横に生えてくることが多くなってきています。抜歯に当たっては、歯を分割したり、骨を削ったりする操作が必要になります。

通常の抜歯とは異なり、骨に埋まった智歯抜歯では、骨の削除や歯の分割が必要になることがあります。このような難易度の高い抜歯にも、最新の設備を用いた正確な診査と熟練した技術で対応しています。

嚢胞(のうほう)摘出

歯の中に細菌が入ることにより、歯の根の周囲に袋状の病巣(嚢胞:のうほう)ができることがあります。 歯根の先端部分に圧痛や違和感が出てくることがあります。この多くの場合手術によって取り除く必要があります。

のう胞摘出

(★印の部分が嚢胞です。手術によって取り除くと同時に、細菌の通り道である根の中をふさぎます。)

粘膜の病気

口内炎から癌まで多種多様な病気が口の中の粘膜にできます。単なる口内炎だと思ってほっといたけど、いっこうに治らないという話を良く耳にします。単なる口内炎だと思っても専門医への受診が必要になります。その判断や必要があれば簡単な組織検査を行います。

歯の移植

症例によっては、歯を抜いた場所に、他の位置にある歯を植えていくことを移植といいます。

歯の移植
歯が原因の蓄膿症

歯の炎症が原因となっている蓄膿症がかなり多く存在します。 これは、歯の炎症が鼻の左右にある上顎洞(副鼻腔)に進展して起こる病気です。軽い場合は原因の歯の処置で治癒しますが、重症になると上顎洞(副鼻腔)に対する外科的処置も必要になります。