診療案内

デンタルクリン
PLANMECA ProMax
G-CAM
GC TiON

口腔インプラント

歯科インプラントとは、失った歯の代わりに、アゴの骨にチタン製のフィクスチャーと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着して噛み合わせを回復する治療法です。インプラントは生体親和性の高いチタンで造られているため、安心して治療に望んでいただけます。また、アフターケアをしっかりと行えば、普通の歯と同じような噛み合わせを実現できるのもインプラント治療の魅力です。
インプラント治療とは?
  1. 自分の歯と同じように食べる事が出来る。
  2. インプラントは入れ歯と違い、歯の骨にしっかりと固定されるため、通常の入れ歯などでは噛む事のできない硬い食べ物もしっかりと噛みしめて食べることができます。
    また入れ歯の装着感による不快感等も気にせずに生活ができます。
  3. 歯を気にすることなく人前でも笑ったり、話したりすることができる。
  4. 入れ歯のように歯に取り付ける金属が見えたり、取り外して清掃する必要もありません。貴方自身の本来の笑顔を取り戻していただけます。
  5. 歯を失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけない。

これまでは、失った歯を補うためには治療を行う両端の健康的な歯を削らなければならなかったり、治療後に歯の下の骨がやせてしまったりとデメリットが多いのが現実でした。

インプラント治療はそのような悩みを改善した画期的な治療法と言えます。 但し、体に病気がある方、骨の状態によってはインプラント治療が難しい場合があり、稀ですが骨との結合に抵抗を示す方もいます。また自由診療のため治療費がかかります。

インプラント、よくある質問 Q&A

Q1.誰でも出来るのでしょうか?

通常年齢的には成長期が終わってからが対象となります。また、健康であれば年齢に特に上限はありません。糖尿病などの全身性疾患がある場合やあごの骨が吸収しインプラントを入れる隙間もない方は状況によって異なりますので、ご相談ください。

Q2.治療が終わるまでどれくらいの期間がかかるのですか?

インプラントを骨に埋める処置をしてから一般的には3ヶ月から6ヶ月待ちます。その後、人工の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして数週間待ってから最終的な人工の歯が入ることになります。

Q3.手術は痛かったり、腫れたりしませんか?

一般的には抜歯をする痛みです。しかし、特殊な症例、場合によっては腫れたり、痛みが生じる場合があります。

Q4.インプラントの寿命はどのくらいですか?

インプラント自体は長期的に安定した状態を保つことがわかっていますが、周囲の骨や歯ぐきの炎症が起こることは天然の歯と変わりません。インプラント自体に問題がなくても抜かなくてはならない事もあります。そうならない為にもホームケアと歯科医院でのプロケアが重要です。

Q5.歯以外に疾患がある場合、治療が受けられますか?

疾患の程度によっては手術が難しい場合があるので、ご相談下さい。 特に、糖尿病、腎臓や肝臓の疾患、喘息などの呼吸器系の疾患、心臓病などの循環器系疾患、高低血圧の患者さんは手術が難しいことが多いです。

歯科インプラント治療の流れ

1.診査・診断

インプラントを埋め込む顎の骨の量や質、形を診査するため、お口の中の型を取ります。 レントゲン撮影、口腔内の写真撮影、健康状態の把握を行います。また骨の状態によっては、CT撮影を行います。診査後、治療計画に基づき、治療に必要な期間、費用を説明します。 双方が納得のいくインプラント治療法を決定していきます。

2.手術

麻酔をしてから、チタン製のネジ(インプラント)をあごの骨に埋め込みます。 手術時間は1時間から2時間。骨の状態によっては時間がかかることがあります。

3.待機期間

インプラントが骨になじむまで3ヶ月から6ヶ月待ちます。
骨の治癒が進み、インプラントとの結合が固定されていきます。
その後、インプラントの上にかぶせ物をします。

4.装着

骨にインプラントが結合されたのを確認したあとインプラントの上にかぶせ物をします。
かぶせものは咬みあわせを考えて、確認した上で作成しています。

5.メンテナンス

治療が終わった後も、定期検査をしながらきちんと管理していきましょう。 インプラント治療後には、正しいホームケアと定期検診(通常 3~6ヶ月ごと)がとても大切になります。不十分な口腔衛生状態が続くと、せっかく治療したインプラントの脱落などの原因になります。必ず定期健診をお受け下さい。